長野の結婚率

長野の結婚率はどれくらいなのか見ていきましょう。

 

結婚率とはそもそも、どれくらいの割合で結婚しているのか、それを数字に表したものが結婚率ということになりますが、長野の結婚率は、調べたところ千人当たり5.11という数字が出ています。

 

推定人口が217.1万人の県内で、5.11というのはそれほど高いとはいえないということなのでしょうか。

 

離婚率についても一緒に見てみたのですが、離婚率においては、1.81という数字が出ているのですが、こちらも千人あたり、1.81ということですからそれほど離婚率は高くはないということになるのでしょうか。

 

比較的県民性から見てみるとこの都道府県は慎重な人が多いといわれていますが、それがこの確率を見て現れているのかどうか、其れははっきりとは断言できないのですが、少なからずそれほどは多くはないといえるのかもしれませんね。

 

慎重な人が多いことは、それだけ慎重に物事を考えている人が多いことにも繋がりますので、それが結果的に未婚の人が多かったり、それに変わる何かがあるのかもしれません。

 

どちらにしても、県内未婚率が高ければ、それだけ若い人の間でチャンスがあることになりますので、出会いのチャンスはまだまだあるのではないでしょうか。

 

出来れば同じ県内で相手探しをしたいと思っている人も多いと思うのでその点はまだ結婚していない人が多いのはいいことですよね。

 

離婚率が未婚率を上回っていなかったことは良かったといえるのかもしれませんね。

長野の離婚率

長野県の離婚状況をここでは見ていきたいと思います。

 

全国都道府県をみても、離婚率が低い県といえるでしょう。

 

47都道府県あるなかで長野県は、38位となっていて、パーセンテージで見てみると、1.8パーセントとなっています。

 

一番離婚率が低いのは、47都道府県の中で1.48パーセントの新潟県です。

 

しかし38位という結果は優秀なほうなのではないでしょうか。

 

ちなみに意外かもしれませんが、一番高いのが2.69パーセント沖縄県、ついで他移動の2.42パーセントとなっているので、本土ではないところのほうが高めの数字になっているのですが、それはなにか本当ではないことと意味があるのでしょうか。

 

ついで3位は、大阪府で2・38パーセント、東京の方が多いと思われていた人もいるかもしれませんが、4位は宮崎県で2.31パーセントなので東京ではありません。

 

ちなみに東京は8位という結果になっています。

 

ですから長野県のこの離婚状況の結果は優秀であり、1000人いたら2人離婚するかしないか問いう形ですから、まだまだ低目といってもいいのかもしれません。

 

低いことは、それだけ円満に過ごしている家庭や夫婦が多いということになるのではないでしょうか。

 

ですから県民性がこういったところで現れているといっても過言ではないでしょう。

 

比較的穏やかに結婚後は過ごしている人が多い、それをこの数字を見ればわかるということですね。

 

結婚をしてから離婚をしないことは、とてもお互いの努力が必要なことですが、比較的県民性で見ると安心できるようですね。

長野の結婚率・離婚率記事一覧

人生のパートナーを決める結婚。毎日のように、沢山のカップルが結婚し、幸せな人生を歩んでいます。ですが、結婚した全てのカップルが生涯を共に歩む訳ではありません。今の世の中、離婚をする事はそれ程珍しくなくなっています。では、離婚するとそれからは一人で人生を歩むのか・・・もちろん独身というのも色々と楽しみはあるでしょう。ですが、だからと言ってもう一度結婚出来ないとは限りません。長野県でも、再び結婚相手を...